05

21

コメント

SONY DSC-HX200V

前回、またまたカメラを買いたい病が再発した話を書きましたが、ホント私は堪え性がないっていうか、我慢がたりないっていうか、早くも買ってしまったのだ。表題のカメラを。中古で。

DSC08880_convert_20170521195205.jpg
SONY DSC-HX200V 大手通販会社の中古部門にて購入、美品とのことだったが思ったより汚れていたのでエタノールで清拭。

この間の伊勢行きでコンパクトカメラの快適さを再認識し、これまでのDSC-H50より新しいのが欲しくなってしまって、短期間ではあるが色々と検討したのだ。条件としてはとにかくH50より新しくて性能が向上していること。それからモニターが可動式であることは絶対条件だった。それで候補となったのは最新機種の中でソニーのサイバーショットから1機種(DSC-WX500)、ニコンのクールピクスから2機種(A900とB500)。それらはいずれもズームが30~40倍と充分であったが、カタログや店頭で見たところ今一つ決め手がない。ちょっといいな、とは思うものの、3万円以上支払うのはどうかな。と迷いがあって、以下長くなるので省略するが、色々考えて頭脳がクロックアップした結果、新製品はやめて表題のカメラを中古で買う、という当初とは大分異なる結果になったのであった。2012年の製品である。大丈夫か?俺?

DSC08886_convert_20170521195351.jpg

DSC08884_convert_20170521195250.jpg
従来のH50との大きさ比較です。はい。

決め手になったのはファインダーである。上に書いたソニーとニコンの機種は、どれもビューファインダーを搭載していない。従来のH50にはそれがあったわけだから、利便性において大きく後退してしまうことになる。それではイカン、と思ったの。ファインダーと言っても小さいLCDでしょ?って思うだろうけど、あるとないとでは大違い。現にこの間の伊勢行きの時、液晶モニターが反射して全然見えなくて、やむを得ずファインダー使用、っていう場面が結構あったのだ。見え方がどうのっていう以前に、何も見えないんじゃ話にならないもんね。ファインダー搭載の機種もあるんだけど予算オーバーで、候補からは外れていた。

DSC00011_convert_20170521195901.jpg
デジカメのモニターは可動式であるべきだと思っている。でないと、こんな写真一つ撮るのに腹這いにならなきゃいけないから。

まあ色々考えた末に結局中古に行きついてしまうという、実に自分らしい結果となった。この判断が正しかったのかどうか自信がないけど、とりあえずお金的な負担は少なくて済んだ。それに、コンデジの性能なんてもうほぼ頭打ちで、新しいものが勝っているのは必要以上のズーム倍率とか画素数ぐらいのものじゃないんだろうか。当機種のズームは30倍と充分、これの後継機種(DSC-HX400Vなど)と比較してもそれほど進化はしていないと思ったのね。

DSC00032_convert_20170521195942.jpg

DSC00033_convert_20170521200006.jpg
上の画像にある飛行機が、ここまではっきり確認できるという。画質はともかくとして驚異的と言わざるを得ない。

まあ何だかんだ言っても中古ですから、新型の三分の一ぐらいの値段だったし、それなりの使用感があるけど実用上は問題ない。と思う。問題は、従来より少し大きく重くなったのでもはやコンパクトとも言えなくなってしまい、持ち出す率が下がるのではないかという点。そこで、持ち歩くときに邪魔にならないように体にフィットするストラップが必要だ。なんて思って、すぐに注文してしまったの。もうアカン、もの買い病がますます悪化している初夏だったのであります。お粗末。

DSC00045_convert_20170521200103.jpg
あたしゃもう知らんもんね。

↓↓↓ランキングに参加しています。↓↓↓
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

カメラ ブログランキングへ
スポンサーサイト

05

17

コメント

SONY DSC-H50 伊勢河崎~外宮

あっという間に5月も半ばを過ぎ、夏の気配を感じる季節になりました。
先日ゴールデンウイークなどというものがあり、普段ならどこへも行かないで家でゴロゴロしているところなのであるが、今回は「お伊勢さん菓子博」なるイベントがあって、たまたま入場券(二千円もする)を2枚もらっていたので、行かなきゃもったいない、しかし車はひどい渋滞だろうしなあ。ということで、カミさんと2人、電車で2時間ほどかけて伊勢へと向かったのである。

IMGP0253_convert_20170225220122.jpg
これが今回持って行ったSONY DSC-H50。900万画素と、ほどほどで使いやすいのだ。(前に載せた画像ですが)

DSC05367_convert_20170517193350.jpg
伊勢・河崎町の旧問屋街を早朝ぶらぶらしてきました。撮影:SONY DSC-H50

せっかく菓子博に行ったのだが、場内は大変な人混みで撮影もままならない状態。菓子博の写真は一切割愛して、翌朝ホテルの近くをウォーキングしながら撮影を行いました。このあたりは昔から問屋街として栄えた町で、なかなか見どころのある場所なのだ。

DSC05381_convert_20170517193612.jpg

DSC05371_convert_20170517193420.jpg
上:勢田川沿いの問屋街。 下:由緒ありそうな問屋らしき建物。

今回どのカメラを持っていこうかと迷ったのだが、電車とバスで移動だし、こういう時はコンデジがいいだろう。それも軽くてズームが効くのがいい、ってことで、わりと最近紹介したSONY DSC-H50という古めのコンデジを持っていくことにした。これがなかなか快適で、これのおかげで早朝から起き出して散歩をしようなんて、私には似つかわしくもない行動ができたのだった。

DSC05420_convert_20170517194015.jpg
商家の蔵を改築したらしい、洒落た飲み屋があった。夜だったら入ってみたかった。

このカメラももう古くなってしまったが、このような街角スナップをアップロードするぐらいの用途には丁度いい感じ。ファイルも大き過ぎないので縮小やアップロードも楽々、写りはまあ今となっては普通だけど、ズームは15倍だし軽いし、たいへん使いやすかった。

DSC05395_convert_20170517193654.jpg

DSC05403_convert_20170517193718.jpg
勢田川にいた鳥をズームで撮ってみる。なかなか雰囲気あるんでないの?さすが一応はツァイス、バリオ・テッサーを名乗るだけのことはある。

この後、伊勢神宮の外宮(げくう)を参りに行った。お伊勢さんは内宮(ないくう)と外宮があって、内宮のほうが賑わっているのだが、外宮の参道もなかなか良い雰囲気を持っている。前の晩は、この参道にある飲み屋で夕食を取ったのだった。

DSC05434_convert_20170517193944.jpg

DSC05428_convert_20170517193916.jpg
いい感じに古びた店が多い。こういうのを撮るのが好きな自分は、本当はコンデジで十分なんじゃないかという気がする。

DSC05448_convert_20170522200302.jpg
帰りの電車を待つ間に伊勢名物・赤福の店に立ち寄る。白いのはここでしか食べられないパイン大福。美味しかったです。

というわけで今回は珍しく旅行記みたいになったのだが、たまにはこういうのも良いよね。また、今回コンデジで廻ったことがきっかけで、またもやカメラを買いたい病に火がついてしまった。このカメラも悪くないんだけどなー、やっぱり古いしなあ、最近のコンデジの中にはこれよりズームが効くのもあってだな、値段も手頃だしね。なんて、ネットやカタログを見て財布の紐が緩みそうな昨今なのであります。いかんいかん。
では!

↓↓↓ランキングに参加しています。↓↓↓
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

カメラ ブログランキングへ

05

04

コメント

α9なんか欲しくない話。(久々の更新)

まあ何だ、ここ1カ月ほど仕事や何かで大変に忙しく、ブログ更新から気持ちが遠ざかっていたのである。
写真はというと、まああれだ、全然撮ってないのである。

IMGP0611_convert_20170504201346.jpg
唯一、4月下旬に仕事で京都に行ったときに少しだけ写真を撮りました。急いでたので適当で許してちょんまげ。

噂によれば、その間にSONYからαシリーズの新型が発売されたという。α9というその新型は何と50萬円もするそうではないですか。とんでもないことになってしまった。もはやミラーレスといって道楽カメラなどと侮ることはできない。まあ最初から侮ってなどはいないが。しかし、さすがにそこまで行くと、これをして贖わしむるのはそれを以て暮らしを賄う者、つまりプロ用であるということで、私ぐらいになると欲しくならない。なぜなら買えないから。前にもこんなこと書いたな~

IMGP0637_convert_20170504201740.jpg
同じく京都で、同じくテキトーです、すいません。

しかし、人はどこまで高画質を追及するのであろうか?ちょっと前にデジカメの画素が1000万を超えたあたりで、世間ではもういいんじゃない?という意見もあった。私なんかはそのころ600万画素ぐらいのを使って喜んでいたわけで、その後スマホのカメラでさえ1000万画素を超えるようなことになり、さすがに高画素=高画質という感じでもなくなってきていたのではなかったか。それに素人的には、もうとっくの昔に画質は十二分になっていた(少なくとも自分にとっては)。・・・と、まあ新型α9はなにも画素数が売りなわけではないだろうし、どちらにしても買えないし。欲しくないったら欲しくないのだ。ないのだ・・・ないのだ・・・だ・・・(エコー)

IMGP0618_convert_20170504201519.jpg
構図もへったくれもないが、それでもシャッターを切っただけマシというものだ。

とにかく、私なんぞはプロでもハイアマ(笑)でもないばかりか、道楽でカメラを弄り廻しているだけの凡人なのであり、高性能を追及することからはとうにドロップアウトしているのだから、どんなカメラが出たところで関係ないんだった。それにαシリーズの初号機α7でさえも使いこなせない私なんだから、むしろあの凄そうなカメラの発売は、自分にとっては今あるカメラを使ってこれから少しは良い写真を撮ろう、と思う機会になったんじゃないかな?なんて思って、α9に関する記事とかはなるべく見ないようにしているのである。だって、欲しくなったら大変なことになるじゃないですか。K-1だって買ったばかりなのに破産するじゃないですか。
まあ半分以上は冗談ですけどね。・・・では又!

↓↓↓ランキングに参加しています。↓↓↓
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

カメラ ブログランキングへ

03

27

コメント

雨上がりの庭にて smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

どうも。すっかりこのレンズの魅力にやられっぱなしの作者です。平日は仕事が忙しいしなかなか写真を撮れなくて、週末は何らかの撮影をしたいな、なんて何処かの満点パパ(古い)みたいになってしまっている自分が嫌なんだけど、前回書いたように今後は少しでも作品、というほどのものではないが、を載せたりして、機材ネタがないことを誤魔化そうとしているのである。
それはさておき、一昨日の土曜日、朝起きたらちょうどええ感じの雨上がり、ここぞとばかりK-1を持って庭に出た。どこかに出かけないで、庭ってところが実に自分らしい。

20170327093054.jpg
やはりマクロって言ったら水滴でしょう。と、ありきたりすぎる感じの写真ですねー
接写で絞り開放付近だとピント合わせが難しいし手ぶれにもなりがち。手ぶれ補正があるのは大変ありがたい。

20170327093201.jpg

20170327093240.jpg
庭に梅(木瓜かも)の木があって、いくつか開花してきてて三分咲きぐらい?まだ寒い日もあるけどもう春なんですねー

20170327093328.jpg
実はこの時点ではまだ時おり小雨が降っていたのだが、こんな時こそボディ・レンズともに防滴だから安心なのだ。

20170327093408.jpg

とまあ、相変わらず何処へも出かけないで、庭木とか猫といったものばかり撮影して一人悦に入っているわけだが、今度こそ旅行にでも行って、また他のレンズも持って、写真を撮りたいなと思っています。なんだかベタで全然面白くない記事になってしまった・・・まあいつものことではあるのだが・・・

ではまた!

↓↓↓ランキングに参加しています。↓↓↓
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

カメラ ブログランキングへ

03

19

コメント

K-1+PENTAX D FA100/2.8

前回に引き続き、DFA100についてのお話です。

マクロレンズといえば、タムロンの90mmを持っているんだけど、これはキヤノンのEFマウントなのであって、以前キヤノンの5D(初代)を中古で買った頃に購入して使っていたもの。時が経つのは早いもの、その5Dもすでに手元にはなく、またキヤノンのマウントならアダプターを介してα7でも使えないことはないのだが、いかんせん重くてαとのバランスがよくないし、AFの遅さも含め、使い勝手がよくない。

20170319082617.jpg
定評のあるレンズだし写りも良いんだけど、大きい。重い。何しろカッコ悪い(ファンの人すみません)。

20170319085815.jpg
そのタムロンで撮ったもの。悪くないんだけどなー、だけどボディがもう手元にない。

その点DFAは何と言ってもペンタックス純正だし、K-1だとAFも意外に速い。また特別な操作をしなくてもそのままMFに移行できることもマクロレンズとしてはありがたい点だ。そして、前回も書いたように、また世間でも言われている通り、通常の中望遠レンズとしてもまことによく写る、万能なレンズなのだ。念のために言っておくと、タムキューも良いレンズですよ。

20170319090806.jpg
マクロレンズというとついつい草花とか小動物などを撮りたくなるのだが、普通に風景を撮るのにも最適。

20170319090654.jpg

20170319091613.jpg
近所の塀である。真ん中へんに疑色?ていうの?が出ている。ローパスなんとか、のせいだろうか。

20170319091723.jpg
ピントの薄さがよくわかりますね。

まだまだ使いこなしているとは言い難いが、これまでのようにオールドレンズを楽しみつつ、このような新しい(というほどでもないが)レンズも併用することで撮影の幅が広がるのはいいことだ。

これまでこのブログでは古いカメラなどの機材の話が中心で、マジメに撮った写真は恥ずかしくてあまり載せてこなかったのだが、(機材ネタが切れたこともあり)今後はここで紹介できるような写真も少しずつ撮っていきたいと思っている。
そのためにはどこで何を撮るかってことを考えなくてはならないのだが、ちょうど季節も良くなってきたことだしたまには旅行などをしていい写真をたくさん撮りたいものだと思う。思うんだけど、カメラやレンズを買ったばかりで資金が乏しく、なかなか旅行にも行けず、せっかくのマクロレンズで結局ミニカーや十円玉といったものばかり撮るってことにならないとも限らない。と、なかなか重い腰があがらない作者なのであった。

↓↓↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。↓↓↓
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

カメラ ブログランキングへ

FC2カウンター

プロフィール

SHIMOTAYA

Author:SHIMOTAYA
おもに古いカメラやレンズについて書いております。
基本的に長文ですのでご注意を。
更新は不定期ですが時々覗いてやって頂戴ね。


参加しています!

人気ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad